福島原発事故についての声明(原発を止めろ!)

  • 2011/04/18(月) 21:15:15

声 明】
原子力発電という非常に危険な発電方法をただちに廃止し、巨大なシステムによりかからない小さな自立的な社会システムを目指すべきだと、私たちは考えます。


 私たちは、学校の教師も父母も労働者・農民・市民の一員として、個々の対立やちがいをのりこえてよりよい地域社会をつくっていくことを一つの目的として活動している民間教育団体です。

この3月11日午後に発生した東日本大震災という巨大な地震と津波によって、東京電力の福島第一原子力発電所の多くが破壊されてしまいました。その結果は、大量の放射性物質の放出という未曾有の大災害となってしまいました。

「想定外」などというごまかしは許さない

 私たちは、まず、この最悪の大事故について、心の底からの怒りを感じていることを明らかにしたいと思います。
 これまで、多くの人々が原子力発電とはどんなに危険なものか、さまざまな視点から警告をしてきました。けれども、長い間、これらの指摘・警告を無視し続けてきた東京電力をはじめとする電力業界、そして、政策的にも原発を推進してきた日本の政権、さらには、警告などをきちんと報道してこなかった報道機関に対して強い憤りを感じないわけにはいきません。
 そして彼らの不遜な言動によって、いま、多くの人々に、地震と津波だけではない危険をもたらし、さらにこの事故を収拾するための作業に携わっている人々を劣悪で危険な環境の中に追い込んでいます。このように多くの人々を生命の危険をさえ心配しなければならない状態に追いやっていることに対しても、私たちは強い憤りを感じています。
 さまざまな指摘と警告を無視続けてきた電力業界、歴代の政権関係者など原発を推進してきた人々は、いまさら「想定外の事故」などという言い逃れ・ごまかしは許されないことを、私たちは明言しておきます。

核エネルギー使用から一日も早い脱却を

私たちは、巨大なシステムの危険性についてこれまで学んできました。原子力発電というシステムは、とても複雑で大きなものです。巨大なシステムは、どこか一カ所が壊れると全体が動かなくなるという欠点があり、原子力発電というシステムはその典型であると私たちは考えています。
さらに、原子力発電は、お湯を沸かして蒸気をつくるという単純なことのために「核分裂によるエネルギー」を使うというものです。私たちは、原子力発電所はいったん破壊されると致命的な大事故につながる危険性がある、と考えてきました。
とてつもなく有害な放射性物質を生み出すシステムを使ってまで電気を作らなければならないのか、私たちは強い疑問を抱いてきました。

このたびの大事故は、すでにこれまでも指摘・警告されてきたように、原子力発電というシステムがいったん大事故を起こすと放射性物質による環境汚染が広範囲に広がってしまうという取り返しのつかない被害を長い間残すことも改めて明らかにしました。
これまで多くの学者・研究者などが、このような問題点を含む原子力発電というシステムの危険性を指摘してきました。その指摘・警告が的中してしまったことを私たちは実感をしています。「クリーンなエネルギー」などという表現がいかにまちがっているかと、私たちは思っていましたが、今回の事故は、クリーンどころか強烈な汚染物質である放射性物質を放出し、地球規模での環境汚染をもたらす危険性があることを、改めて証明してしまいました。
 しかも、使用済み核燃料を何十万年も長い間安全に管理しなければならないのに、その技術を人類はいまだ持ち合わせていません。
私たちが望む住みよい社会とは、巨大なシステムと核エネルギーによって維持されるようなものではなく、分散的で地域自給的な自然エネルギーによって維持される自立性の高い地域社会であると考えています。

私たちの提言

以上のような考えの上に立って、これからの人間社会の再構築にあたって、次のように変えていかなければならないのではないか、と考えます。

1、原子力発電というあまりにも危険なシステムを直ちに停止すること。
2、日本中の原子力発電所の総点検をし、安全に廃炉にすること。
3、日本のエネルギー政策を根本から見直し、エネルギーの供給システムを巨大なシステムから小さな小回りの利くシステムに変換すること。
4、エネルギー多消費社会からの転換を図ること。
5、太陽光・風力・地熱などの自然エネルギーへの転換をはかること。

2011年4月3日
郷土教育全国協議会

機関誌「郷土教育」第615号表紙写真

  • 2010/09/30(木) 18:14:41



 この夏の西国旅行の途中、童謡詩人の金子みすずの故郷、山口県の先崎を訪ねました。
 そして、みすずの育った先崎の町角や住まいや墓所を歩きましたが、その折、偶然に祇園祭に出会いました。そして山車の上で舞う可愛らしい少女たちの姿を見て、日本各地で盛んに行われている夏の風物詩・祇園祭が、元々は子どもたちを恐ろしい疱瘡などの疫病から護る行事として始まったことを思い出させられました。
                       (写真・文 中 村 光 夫)

09年8月の総選挙にあたって考えるべきこと(HPより転載)

  • 2010/04/11(日) 18:45:11

◆09年8月30日の総選挙にあたっての私の提案◆

 わたしたちは、2年前の参議院議員選挙やこの前の東京都議会議員選挙のような「民主党の一人勝ち」(自民・公明を食って議席を増やすのではなく、ほかの野党の議席を食う形での民主党の議席増)を避けなければならない、と考えます。
 政権交代は民主党の一人勝ちで実現するのではなく、自公以外の現在の野党勢力による連立政権としなけらばならないのではないでしょうか。
 民主党は、日本国憲法第9条を守るか否かという点などを考えると、かなりの不安のある政党だからです。かつての自民党政権の時代のようにのように、一党独裁政権は避けなければならないのではないでしょうか。
 小選挙区では、自公以外の政党に投票するが、民主党以外の政党の候補者がいる場合は、その政党の候補者に投票することも考慮すべきでしょう。ただ、その結果、自民党の候補者が当選してしまう危険性がありますが。
 ただ、間違いなく言えることは、比例代表の投票には、自公以外の政党の名前は当然のことだが、民主党以外の、たとえば、社民党などの政党の名前を積極的に書くことを検討すべきだろうと考えます。
 その論拠は、次のサイトを覗いてみてください。http://www.news.janjan.jp/government/0907/0907237615/1.php
                             文責:日下部信雄

郷土教育全国協議会 第56回大会 ご案内

  • 2008/10/06(月) 17:44:49

郷土教育全国協議会 題56回大会のご案内

テーマ:格差社会の中で、学校・子どもが危ない

 私たちの機関誌「郷土教育」第589号(08.8)に「子どもの目が危ない」という報告が掲載されています。子どもたちの視力が低下していることについての具体的な報告です。
 子どもたちに何かが起こっている、とよく言われます。また、子どもたちを囲む環境の変化(悪化)も心配です。子どもたちが「危ない」状況にあるようです。
 そして子どもたちにとって過ごしやすい場所でなければならない「学校」もおかしなことが次々と起こっています。公立学校に競争原理が導入されたり、心の内面にまで干渉するいくつもの「強制」が広がったりしています。
 子どもたちとともに教師たちを取り巻く状況も重苦しく息苦しくなっています。現実に、文部科学省の調査でも、教員の病気求職者の数は確実に増えていますし、また、その中で、精神性疾患の数も割合も増えているのです。
 私たちは今、学校や子どもたちが置かれている状況を、「危ない:を一つのキーワードとして、マスメディアの報道に惑わされることなく、一度しっかりとしたデータに基づいて冷静に見すえてみたいと考えています。
 皆様も一緒に考え、話し合ってみませんか。

◆教員の病気求職者のうち精神性疾患の数と割合(文科省調査)◆
年度     病気求職者数     精神性疾患      割合
1997      4171人      1609人     38.6%
2006      7655人      4675人     61.1%


日 程:08年10月25日(土)午後1時〜4時30分
参加費:資料代として300円
会 場:東京都台東区立上野区民館(台東区池之端(いけのはた)1−12 電話 03-5815-8612)
地図は下記を(地下鉄「湯島」下車2分 JR「上野」あるいは「御徒町」下車10分
http://map.yahoo.co.jp/pl?p=%C5%EC%B5%FE%C5%D4%C2%E6%C5%EC%B6%E8%C3%D3%C7%B7%C3%BC%A3%B1%A1%DD%A3%B1%A3%B2&lat=35.706155&lon=139.77255389&type=&ei=euc-jp&sc=3&gov=13106.4.1.1.11

 主 催:郷土教育全国協議会(事務局:電話 03-3774-2072)

柴田弘武著「産鉄族 オオ氏」の「はじめに」より(抜粋)

  • 2008/08/16(土) 14:55:28

 当協議会会員の柴田弘武さんが著した「産鉄族 オオ氏」の「はじめに」を抜粋して紹介します。


 本書は私の所属する郷土教育全国協議会の機関誌「郷土教育」に、1977年5月号から79年6月号まで、「東国の古代史ーオオ氏を追え」という題で連載した記事が元になっています。そしてそれは1980年3月、『東国の古代ー産鉄族オオ氏の軌跡』として崙書房の「ふるさと文庫70」に収録されました。同書は幸い好評を得て1999年の5刷まで発刊されました。
 この本は、東国に関する最古の文献である『常陸国風土記』を基礎に、古代常総地域がいつ頃、どのようにして大和朝廷の支配下に組み込まれていったのかを解明しようとするものでした。
 その場合、常総に色濃く残る古代豪族オオ氏(多・太・大・意富などと表記される)の足跡と、そのオオ氏にからむ古代製鉄の在り様が解明の導きの糸となったのですが、もうひとつ、九州とあとは常陸・陸奥の太平洋岸にのみ圧倒的に出現する装飾古墳・装飾横穴墓の存在が、古代常総の謎を解く鍵になるように思われたのです。
(以下略)