郷土教育全国協議会 山梨フィールドワークのお知らせ

  • 2012/09/02(日) 16:41:07

郷土教育全協では、フィールドワークを重視しています。年に2〜3回実施している。
 今回は、「甲州一揆」と、明治のアナーキスト金子文子関連の地をフィールドすることになりました。
 問い合わせは、日下部信雄までEメールを。
 Eメールアドレス:kusakabe-nobuo@nifty.com

 中央本線「塩山駅」前に集合して、乗用車に分乗して移動しますので、人数に限りがあります。必ずご連絡ください。自分で乗用車を出される肩もお願いします。
 宿泊は、甲府市にある「旅館明治」ですが、ご自分で予約してください。


 日時:2012年10月13日(土)〜14日(日)
 集合:10月13日 午前11時 塩山駅前広場
 コース:
   13日コース
     ・金子文子碑訪問(山梨市牧丘町ソマ口杣口(そまくち)
     ・小川正子記念館(笛吹市春日居町)
     ・宮下太吉(大逆事件刑死)の墓(甲府市相生町3丁目光沢寺)


   14日コース
     ・甲州一揆関連訪問


 なお、甲州一揆や金子文子については、機関誌「郷土教育」628号と631号の「歴史の影法師」16・18を参照して於いていただくと幸いです。(気炎氏バックナンバーについては、当協議会事務局まで(電話・FAX:03−3774−2072)
    

郷土教育全国協議会大田支部フィールド

  • 2010/10/03(日) 21:31:09

     静嘉堂を訪ねる

日  時:2010年10月16日(土)午前10時30分集合 小雨決行
集合場所:東急大井町線二子玉川駅 改札口(大井町寄りの出口は1カ所)

目的地:バス?番で6個目の停留所「静嘉堂文庫」下車
持ち物:弁当 飲み物 敷き物
入館料:800円
解散予定:二子玉川駅 3時半頃
 だれでも参加できます。
共 催:郷土教育全国協議会大田支部・下丸子サークル
連絡先:井ノ口宅 03-3759-0965  丸山携帯電話 080-1174-0484

 静嘉堂は、二子玉川の近く、閑静な住宅街にあります。
 バスを降りて静嘉堂までゆるい舗装された坂道を10分くらい上りますが、周りが緑なので苦になりません(二子玉川駅前からタクシーも可。タクシーで10分)。
 静嘉堂の正面から木立を抜けて小高い丘にあがると、文庫(大正期の建築)と美術館が円池をめぐって並んでいます。
 この静嘉堂は、NHKドラマ「龍馬伝」の中に出てくる岩崎弥太郎の弟の弥之助(三菱第二代社長)とその子どもの小弥太(三菱第四代社長)の父子二代によって設立されました。静嘉同美術館では国内有数の中国陶磁器名品展を開催中です。
 美術品や庭内に広がる自然を味わいつつ、この建物が作られたころの世の中の様子や私たち庶民の暮らしとの関係などにも思いをはせてみたいと思います。

郷土全協フィールドのご案内

  • 2010/06/08(火) 15:51:41

■◆全協フィールド「品川宿とお台場めぐり」の案内◆■

2010年6月12日午前10時集合〜午後4時解散予定
集合場所:京浜急行「新馬場駅」改札前/解散場所:JR新橋駅
交通費・昼食代など参加者自己負担
主催:郷土教区全国協議会


 江戸時代、東海道第一の宿場町として栄えた品川宿は、旧東海道沿いに昔の面影を残しているところもあります。また、幕末ペリー来航で急雲を迎えた幕府は品川沖に急きょ砲台を築きます。
 いま、お台場と呼ばれている地域です。その御殿山下砲台跡や第三台場跡が残されています。また、その築造にあたりいわば現場責任者であった御小人(おこびと)目付高松彦三郎ゆかりの地(常照寺=高輪神社)なども訪ねてみたいと思います。
 だれでも参加できます。ただ、参加者確認のため、事前に矢野芳宏までご連絡ください。
 矢野の連絡先(携帯電話:090−4523−4343

 当日のコース:新馬場駅→旧品川宿(荏原神社・本陣跡・品川宿の松等)→台場小学校(御殿山下砲台跡)→高輪神社(高松彦三郎たちが宿舎にしていた常照寺跡)→品川駅(周辺で昼食)→(京浜東北線乗車)→新橋駅「ゆりかもめ」で「お台場海浜公園駅」→第三台場等→(ゆりかもめ乗車)→新橋駅(解散)