さよなら原発 東電・東葛支社前デモ 第7弾

  • 2013/02/05(火) 21:53:08

さよなら原発

 東電・東葛支社前デモ
 


   第7弾


日時:2月11日(月) 15:00〜16:30

 日程:15:00

 新柏・東電東葛支社前集合

           (東武野田線「新柏」下車3分)

     抗議文・要請文等の朗読と手渡し

    15:15 集会開始
(会場:新柏・名戸ヶ谷第2公園。新柏駅下車、2分、東武ストアの後ろ)


    15:45 デモ出発

    16:30 デモ終了


 安倍政権に交代してから、原子力政策は「原発推進」へと大きく舵を切ったかのように見えますが、福島の事故はもちろんまだ収束していません。また、福島では除染対策が大々的に行われていますが、チェルノブイリ事故の教訓によれば「除染よりもまず避難が必要」と言われています。避難よりも除染を優先させるというこの方針は、避難民や、農漁民の方たちへの賠償金額をできるだけ低くし、被害の程度もできるだけ小さく見せて、なんとしても原発を再び使いたいという執念が働いていることは確かです。
 昨年1月の調査の報告以来、福島の子どもたちの甲状腺に多くの異常が見つかったことが次々と報告され、「準福島」ともいうべき東葛地域の子どもたちにも「抹消血リンパ球」の異常が見つかり、取手や柏では「心臓検診での異常が前年度よりも増えている」という深刻な結果が明らかにされています。このような現状であるにもかかわらず、東京電力は柏崎刈羽原発の再稼働を来年度の事業計画に入れ、あろうことか福島の第2原発の再稼働にまで手をつけようとしています。
 健康被害が現れ始めている今、自らの経済的利益のために人命を犠牲にすることをいとわない「原子力マフィア」の姿勢は、厳しく糾弾されるべきだと思います。
 1月11日の「東電・東葛支社前集会」に引き続き、第7弾、東葛地域の怒りを「東電・東葛支社」にぶつけましょう。それぞれの思いを込めたプラカードなどを持ちながら、寒いけれど熱い心を持ってデモをしましょう。
 誰でも気軽にご参加下さい。お待ちしています。およそ3キロのコースです。

 主催:郷土教育全国協議会・東葛支部
     連絡先:栗田 04-7162-0220
    原発止めよう! 東葛の会
     連絡先:日下部 090-9956-6018
     Eメール:kusakabe-nobuo@nifty.com
ブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/genaptsutomeyou_tokatsunokai/